工場の求人は経験を問われない

工場の仕事は未経験者でも本当にOK?

工場の求人を探していると、経験不問や学歴不問といったワードが目立つことに気づくはず。未経験者の中にはこれを見て、本当に自分で大丈夫なのか、疑問に思う方もいるのではないでしょうか。一口に工場の仕事といっても製造業を中心に、自動車や家電をはじめ食品やアパレル、あるいはガラスやゴムのような原材料系に至るまで、業種や企業ごとに多種多様なものがあります。

また同じ企業の工場内でも製造ラインの他、部品供給や検品あるいはライン管理、さらにはメンテナンスや清掃など、幅広く数多くの職種が関わっているのが通常です。このように工場の仕事は守備範囲が広いため、学歴や資格等に自信のない未経験者であっても、手軽に始められる仕事が沢山あります。

未経験者でもOKな工場の仕事内容とは、具体的にどんなもの?

工場の仕事の中でも一般的にイメージされやすいのが製造ラインでしょう。ベルトコンベアで流れてくる製品を仕分けたり、部品を組み立てる、あるいは製造マシンのボタンを押して操作するなど、未経験者が容易にスタートできる仕事が数多くあります。 製造ライン以外であれば、検品や部品供給の仕事も見逃せません。検品は仕上がった製品が一定の品質で正しく製造されているのか、一つひとつチェックする大事な作業。この部分は機械化されているケースが目立ちますが、その一方で目視によってチェックしている製造現場も、まだまだ数多くあるのが現状です。 製造ラインへ供給する作業も、工場では重要な仕事のうちの1つ。もしコンスタントに部品を供給できないと、その時点で生産が不可能になります。また部品の供給作業では倉庫や棚から搬出入するような、簡単な付随作業を含むケースも。未経験者の方で工場の仕事を希望するなら、このような作業も狙い目です。