工場の求人は面接が少ない

工場の求人では面接が1回のこともある

工場の求人は面接が少ないので採用されやすいとよく言われています。面接の回数は募集企業によってかなり違いがありますが、一般的な職種では1回~3回で、企業規模が大きくなると3回が標準的です。1回目が人事との面接、2回目が専門職の人たちによる面接、3回目が社長などの役員クラスによる面接になっています。工場の求人では面接が1回だけのことが多く、稀に2回実施されるという程度です。工場長や現場のスタッフとの面接があるだけで合否が判定される傾向があります。現場に受け入れて役に立つ人材かどうかを見極めることが工場の人材募集では重要だからです。現場を理解している人が納得したら即採用するという方針がよく取られています。

面接が少ないから採用されやすいのか

工場の求人は面接が少ないから採用されやすいというのは本当なのでしょうか。面接が少ないことで準備の負担が少なくて済むメリットはありますが、採用されやすさとはやや違いがあると思う人もいるでしょう。結論としては対策をする手間が少なくなるだけでなく、クリアしなければならない関門が少ないので採用されやすいと言えます。3回の面接がおこなわれる場合には、人事や社長にも認められるように面接対策をしなければなりません。しかし、工場の求人で1回だけ面接を受ければ良い場合には現場に合うことをアピールできるように対策すれば十分です。人事からは評価が悪くなりがちな人も採用される可能性があるので、内定を手に入れやすいと考えられます。

寮ありの求人では、寮と職場が遠い場合だと企業側が送迎バスなどの通勤手段を用意していることが多いです。